~脈ありな人に告白する恋愛WEBマガジン~

menu

好きな人LINE.com

LINEで彼氏と話題がない!倦怠期を乗り越え長続きさせるコツ

1

スポンサードリンク

長い期間彼氏と付き合って会話やデートの回数を重ねると、ある程度お互いのことをわかってきてだんだんとLINEで話す話題も少なくなってきますよね。

特に、顔が見えず時間もかからないLINEはどうしても手を抜きがちになってしまうと思います。

でも、会っていない期間にLINEを全くしないのも寂しいですよね。

そこで、LINEで話題がないときの対処法をまとめました。

スポンサードリンク

LINEで彼氏と話題がない時はどうすべき?

今話題になっているニュースの話をする方法や面白スタンプを送ってみる方法などのたくさんの対処法がありますが、ここでは、

「2人の思い出話をしてみる」
「惰性で続けているLINEをやめてみる」
「LINE電話をしてみる」

の3つを紹介します。

一時的に話題ができる方法はたくさんあると思いますが、そのような方法で話を続けてもお互いにあまり会話を楽しめず時間の無駄だと感じてしまうことになる筈です。

そのため、ここではいつまででも続けられて簡単に実行できるものを紹介したいと思います。

LINEで彼氏と話題がない時の対処法①:2人の思い出話をしてみる

交際期間が長くなると、必然的に2人で共通の思い出が増えていると思います。

話題がないときには、付き合った初期にしたデートや旅行を思い出して2人で話すと、お互いの変化を発見できたりもう一回行きたい場所やしたいことを共有できたりします。

また、付き合った当初に交わしたLINEをもう一回見て「あの時実はこんなこと思ってたんだよ」などという会話をしても、より自分のことを彼氏にわかってもらえたり、彼氏に自分の新しい一面を発見してもらえること間違いなしです。

スポンサードリンク

いきなり思い出話をするのはハードルが高いと感じる方は、LINEで過去に送った写真や動画をもう一回送って、「この頃懐かしいよね~、初めて○○に行った時だよね!」とメッセージを添えると、自然に思い出話ができますよ。

LINEで彼氏と話題がない時の対処法②:惰性で続けているLINEをやめてみる

彼氏とラインすることがなんとなく習慣や義務になっていて、どうでもいいことを話したりスタンプの送りあいになっていたりしませんか?

だらだらと続く内容のうすいLINEをやめてみるのも新鮮ですよ。

どうしても話したい重要な出来事やデートの予定を決めるときだけLINEをするようにして、日々あった比較的小さな出来事はデートで会った時に話すようにしましょう。

そうするとお互いに仕事や学校に集中できますし、デートの時に話すことがなくなって沈黙が気まずい、といった状況も回避することができて一石二鳥です。

ただ、もう話題がないからLINEをやめよう、では彼氏も傷つくかもしれないので、「最近仕事(学校)が忙しいからLINEやめてもいいかな?」と聞いてみるとスムーズにLINEをやめることができますよ。

関連:好きな人とLINEを毎日するのは迷惑?相手が嫌がっているサイン

LINEで彼氏と話題がない時の対処法③:LINE電話をしてみる

いつも彼氏とLINEでメッセージをやりとりしている人におすすめなのがLINE電話をしてみるという方法です。

メッセージではお互いにすぐ返さず未読無視をしたりスタンプ1個だけで返したりなど返信も案外適当になってしまいます。

しかし電話をして声を聴くことで、しっかり時間をとって彼氏と話すことができますし、声の調子や周囲の雑音から彼氏の様子やいまどこにいるのかを知ることができて話題作りにもなったりします。

LINEでは「そうなんだ」だけで終わってしまうようなささいな話題でも、電話で話すことによってすぐに質問したり関連する別のことを話したりできますよ。

また、ビデオ電話をしてお互いの顔を見ながら話すことで、会えない寂しさも少し和らぎますのでオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【PR】当たりすぎて怖い電話占いとは…