~脈ありな人に告白する恋愛WEBマガジン~

menu

好きな人LINE.com

毎日ラインしてたのに途切れる理由と適切な対処法【男女別】

毎日ラインしてたのに途切れる理由と適切な対処法【男女別】

スポンサードリンク

カップルや片想い中の男女でも毎日LINEして仲を深めている人たちは非常に多い事でしょう。

しかし、ふいに毎日LINEしていたのに途切れてしまい、ヤキモキしたりなにか怒らせてしまったと不安になってしまう人も多いと思います。

また、LINEが途切れてしまう理由というのは男女で違っていたりします。

今回はそんな毎日LINEしていたのに途切れてしまう男女別の理由とその対策について紹介します。

スポンサードリンク

毎日ラインしてたのに途切れる理由と対処法〜男性編〜

理由1 仕事や勉強が忙しい

まず男性が毎日LINEしていても途切れてしまう理由としてあげられるのは仕事や勉強でLINEできないほど忙しいという理由です。

特に社会人ならば急に仕事が入って帰れなくなってしまったり、長時間働いて疲れ切ってLINEを返すどころではない場合も多くあります。

こういった時の対処法としては急かしてしまえば逆効果なので忙しいのかどうか何気なくLINEか電話してみて後は連絡が来るのを待つのがベストです。

理由2 他の女性と連絡している

次に毎日LINEしていたのに途切れてしまう理由としては浮気の可能性です。

一般的に女性よりも男性の方が浮気をしてしまう人が多い傾向があります。

あなたより良い人が見つかっていたり、遊びとして他の女性と連絡を取り合っている可能性があります。

こういった時の対処法としてはLINEするよりも電話をかけてみて相手が出るかどうかや、出たとして相手はどういった言動を取るかを注意して観察することです。

参考:LINEで毎日やりとりしてる異性を脈ありか脈なしか判断する基準

理由3 性格的にマメじゃない

最期に男性が毎日LINEしていたのに途切れる理由としてはマメじゃない性格という理由です。

男性の方が一般的にマメではなく、あとで返信しようとしてそのまま忘れてしまうということが多々あります。

なので、少しでも早く返してもらいたい場合は疑問形で送って返信しやすい内容にしたり、興味を持つLINEにするように心がけましょう。

関連:毎日LINEを送ってくる男友達の男性心理は?暇つぶし?対処法!

毎日ラインしてたのに途切れる理由と対処法〜女性編〜

スポンサードリンク

理由1 単純に忙しい

女性の場合もまずLINEが途切れる理由としては忙しいという理由です。

日中は仕事や学校に行っている人が多いわけですからバタバタしていて返せないということはよくあります。

忙しいという理由でLINEが途切れることが多い場合はそういうもんだと割り切ってもう少し余裕を持った付き合い方に変えるのも重要です。

関連:好きな人とLINEを毎日するのは迷惑?相手が嫌がっているサイン

理由2 怒らせてしまっている

二つ目の理由としては何か余計な事を言ったり、してしまって怒らせてしまっているということです。

一般的にですが、男性の方がデリカシーがなく冗談半分で相手が傷つくような事を言ってしまいがちです。

そのため女性はそんな男性のデリカシーのない言動にイラッと来て、謝ってもらうために連絡を返さなくなるということがあります。

こういった対処法としてはまず、最近自分が何を言ったか思い出したうえでわかれば誤りの連絡を入れましょう。

ただ理由がないのに謝ると相手はさらに怒る可能性もあるので、何気なく連絡してみて相手の出方を伺いましょう。

理由3 興味がなくなっている

最期に紹介する理由としてはあなたに興味がなくなっているという理由です。

女性の気持ちというのは変わりやすく、ひょんなことが理由に一気に冷めてしまうということもあります。

そういった時の女性の切り替えは凄まじく速いのでできるならば心が離れる前に対処した方がいいでしょう。

対処法としてはなるべく自分の気持ちを素直に伝えたり、相手を褒めることです。

女性は日々愛されていると実感することで女性側もその気持ちに応えようとしてくれるのでまずはLINEででも気持ちを伝えるようにしてみましょう。

まとめ

今回は毎日LINEしていたのに途切れてしまう男女別の理由とその対処法について紹介しました。

まず大前提としてLINEが途切れてしまっても、いきなり好きじゃなくなるということはほとんどありません。

考えすぎて被害妄想が大きくなったり、連絡をしつこくしすぎて嫌われるケースが多いので相手を信頼して待つことも重要です。

ぜひ、今回紹介した対処法を役立ててみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【PR】当たりすぎて怖い電話占いとは…