~脈ありなあの人と必ず繋がる恋愛WEBマガジン~

menu

好きな人LINE.com

【モテる女】LINEの仕方&術を徹底解説!既読スルーは当たり前?

iStock-501678370-8

スポンサードリンク

LINEは恋活にかかせないアプリ

LINEの使い方次第で、恋が更に燃え上がることもあれば終わってしまうこともあります。

しかし一つ一つの連絡にマメに返すより、時にはスルーした方が効果的なことも?

モテる女はLINEをどのように使っているのでしょうか?

【モテる女】LINEの仕方&術を徹底解説!既読スルーは当たり前?

スポンサードリンク

■モテる女のLINEの仕方&LINE術が知りたい!

素敵な男性に出会っても、なかなか恋愛に発展しない・・・

そう悩んでいる女子の問題は、もしかするとLINEにあるかもしれません。

モテる女子は一体どのようなLINEを男子とかわしているのか、女子の中ではいつも話題です。

LINEのモテテクまとめはSNSやサイトで人気を博しており、アクセス数からもその関心の高さが伺えます。

ではなぜそこまで女子はLINEでのモテテクが気になって仕方ないのでしょう?

すばり、LINEを制する者が恋愛を制するからです。

モテる女のLINEテクニックとは、どのようなものなのでしょうか?

気になるテクニックの前に、こちらの記事もご覧ください。

【モテる女】LINEの返信&返し方のコツは短文?スタンプは?

■モテる女はLINEをすぐには返さない?

気になる男子からのLINEに振り回された経験、ありませんか?

既読になったかな?いつLINEの返事来るかな?

と一日中携帯を気にしてそわそわしていては、モテる女には近づけません。

モテる女には「余裕」があるため、相手をそわそわさせ自分へ気を引かせ、主導権を握ることができるのです。

それをコントロールするのがずばり「頻度」です。

スポンサードリンク

モテる女はすぐに返信をせず、「LINEを返信する時間帯」を自分で決めています。

やり取りが夜遅くなっても、自分が寝ると決めている時間になったら返信をやめ、携帯の通知をOFFにして寝てしまいます。

男性とのLINEに自分の生活が振り回されることなく、「きちんと自分の生活を持つ」こと。

それこそが、モテる女のLINEテクニックです。

LINEを返す頻度については、宜しければ下記も併せてご参考下さい。

>>【恋する女子必見!】好きな人とのLINEの理想的な頻度は?

■モテる女はLINEメッセージの既読スルーは当たり前?

きちんと自分の生活を持つ」ということを大切にすると、自分がLINEをやらないと決めている時間に来た連絡は既読スルーをすることになります。

ここで「すぐに返信しないと遠ざかっちゃう気がする!」と焦るのは、モテる女ではありません。

この既読スルーこそが「相手に自分を気を引かせる」というテクニックなのです。

この返事が来ない時間の間、相手は「まだ既読になってないな、今何してるんだろう」「返事はいつ来るのかな」と気になって仕方なくなります。

押すばかりでなく、たまには意図的に返事を遅らせて「引く」というのはモテテクでも常套手段ですが、自分の生活のスケジュールをきちんと守ることにより、自然とこの「引き」が実践できていることが、モテる女がモテる所以なのではないでしょうか。

■モテる女のLINE術ですぐに実践できるテクと言えば…

多くの女子は、仕事が終わった後寝る前などにLINEをしたいと考えています。

なのでLINEを送るタイミングは夕方以降になりがち。

しかし、逆転の発送で「」にLINEを送ってみてはいかがでしょう。

通勤電車の中で見てもらえる可能性もある上、あなたからのLINEで始まる一日を相手は過ごすことになります。

仕事の合間などに「なんて返そう」「いつ返そう」と、あなたのことを考えながらの一日となること間違いなし。

またライバルの女子がいた場合、仕事終わりを狙った同じ時間帯にLINEが重なってしまうのを避けることもできます。

前向きな内容を朝に送れば、「この子は俺のことを元気にしてくれる」と思ってくれるのではないでしょうか。

また、今から実践できるテクニックとしてこちらも参考にしてみてください。

【モテる女】LINEのトプ画アイコンの鉄板は?誘う時の内容!

 

いかがでしたか?

LINEを制するものは恋愛を制す!

モテる女のLINEテクニック、どんどん盗んで実践したいですね。

早速明日の朝、気になる男性にLINEを送ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【PR】当たりすぎて怖い電話占いとは…