~脈ありなあの人と必ず繋がる恋愛WEBマガジン~

menu

好きな人LINE.com

【彼氏持ちの落とし方】LINEでの効果的なアプローチ方法は?

20141107055126-3012-453_raw

スポンサードリンク

今回は、彼氏持ちの女性を落とすためのLINEでの効果的なアプローチ法を紹介していきます。

あなたは好きな人がいるでしょうか。

好きな人ができても、その女性にはすでに彼氏がいることもあるでしょう。

でも、だからといってすぐ諦めなければならないのでしょうか。

彼氏がいてもあなたの行動次第では、彼女を落とすことができるかもしれません。

関連:彼氏持ち女性の脈ありライン4選!LINEで分かる脈ありサイン

スポンサードリンク

■彼氏持ちへの効果的なLINE①:悩みを聞く

まず、彼氏持ちの女性を落とすのは基本的に長期戦になることを決意しましょう。

そして、次第に自分の評価を上げることに努力するのが重要です。

まずは狙っている女性の友達になって、悩みを聞いてあげられるような関係になりましょう。

この時に彼女がすでに彼氏に不満を持っている場合はチャンスです。

いかに自分の方が一緒にいると頼りになるのかや、安心できるかをさりげなくアピールしましょう。

関連:年上女性の彼氏持ちの落とし方&アプローチ!LINEでは?

ただし、あまりに急ぎすぎて好きな人の彼氏を酷評するのはよしましょう。

好きな人は不満があったとしても彼氏のことを好きで付き合っています。

あまり彼氏側を責めすぎると悪者になってしまうので、注意しましょう。

1番のポイントは共感です。

女性には解決策を与えるよりも共感することで安心感を作ることができます。

話を聞いて、辛かったことや悲しいことを共感してあげましょう。

■彼氏持ちへの効果的なLINE②:勝手に好きになっててもいいか聞く

次に紹介する彼氏持ちへの効果的なLINEとして、もうすでに好きな人に好きだと立候補しておくことです。

人は好意を寄せられると少なからず意識し始めます。

なので、「勝手に好きでいていい?」などLINEで送ってみてはどうでしょうか。

この「勝手に」というのが非常に重要で、すぐに結果を求める必要も無くなりますし、相手は勝手に好きでいられる分には断ることもしにくいでしょう。

自分の気持ちを先に教えておくことで、彼氏と上手くいかなくなったときに付き合える可能性がグッと増えます。

スポンサードリンク

■彼氏持ちへの効果的なLINE③:待ってることを伝える

先ほど彼氏持ちの女性を落とすには長期戦になる覚悟が必要だと説明しました。

勝手に好きになってもいいか聞いた後はいつまでも好きな女性のことを待っていると伝えましょう。

女性の中には次の人が見つからないと今の彼氏とは別れないという人も少なくありません。

なので、一途に待っていることを伝え、自分とならすぐに付き合えることをアピールしておけば、彼氏に不満を持っている場合は乗り換えてもらえる可能性も高まります。

しかし、待っているといった場合には本当に他の女性には興味を見せず、誠実にその女性を待つべきです。

ここで裏切ってしまった場合は好きな女性と付き合うことは不可能と言えるでしょう。

■彼氏持ちへの効果的なLINE④:思い切って告白する

彼氏持ちの女性を落とすには普通に行動していては、成功もありません。

基本的に彼氏持ちの人を落とすには長期戦に行動すべきと説明しました。

しかし、彼氏に不満を持っている場合はすぐに告白することも有効ではあります。

いかに自分の方が付き合った時にメリットがあるかや、楽しいか相手を大事にするかを伝えましょう。

関連:彼氏持ち女性への告白の仕方3選!成功しやすいタイミングは?

しかし、これで付き合えた場合に注意することは今後の彼女の動きです。

ある意味ではあなたは略奪愛に成功したと言えます。

しかし、そうやって落とせた女性というのは、またいい人が見つかればすぐに他へ切り替える可能性もあります。

付き合ってからが本当の正念場とも言えるので、付き合っても気を抜かないようにしましょう。

付き合えたからこそ、今度は逆に奪われないようにするのが重要です。

まとめ

今回は彼氏持ちの女性を落とすためのLINEでの方法を紹介しました。

彼氏持ちの女性を落とすには根気もいりますし、普通よりも確実に難しくなります。

ですが不満を持っている彼女も少ないわけではないので、いかに自分がその好きな人の彼氏よりメリットがあるのか、さりげなくゆっくり伝えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【PR】当たりすぎて怖い電話占いとは…