~脈ありなあの人と必ず繋がる恋愛WEBマガジン~

menu

好きな人LINE.com

【LINE心理学】既読スルーはトラブルの元?課題の分離でもう悩まない!

person-5375746_640

スポンサードリンク

LINEの内容を読んだにも関わらず返信をしないこと

 

shutterstock_129038348

LINEの既読スルーで不安になっていませんか?

 

LINEはメールに代替されたメッセージアプリであり、日本のほとんどで利用されています。

 

通常のメールとは異なり既読機能がついており、既読したかどうかが相手に伝わります。

 

便利である反面、恋人などとやり取りする時には面倒くさい側面もありますよね。

 

恋人への愛情とは関係なく、その場で返事が思い付かなかったり他の用事を優先して一旦寝かしてしまう人が多いです。

 

本日の記事は、アドラー心理学の理解と既読スルーの危ない事例をご紹介して、

既読スルーによる不安は解消できることをお伝えしたいと思います。

その不安は、自分と相手の課題をごちゃまぜにしている?

アドラーの心理学で「課題の分離」というものがあります。

 

自分の課題と他者の課題を、切り分けて考えるというものです。

 

LINEの既読スルーで傷ついてしまう人の思考を治すためには、

 

この心理学を理解し、自分と他者の線引きを行うことを始めましょう。

 

自分の課題は自分自身でコントロールでき、他人の課題は自分ではコントロールできません。

 

LINEの既読スルーに限らず、全ての悩みの原因は人間関係です。

自分の課題と相手の課題をごちゃまぜにしないことが課題の分離と最大の特徴と言えましょう。

 

既読スルーの男、課題が分離できない女

 

本題からちょっと逸れるかもしれませんが、

課題が分離できない女を既読スルーしたことによって、どんどん捲し立てられた東京の男性のお話を紹介したいと思います。

 

とある東京の男と女2人(A、B)が成り行きで、3人でよく遊ぶ関係になりました。

 

男は初めて恵比寿で出会った当初からBが気になり、日を重ねるごとにAとBも次第に男に好意を寄せていきました。

 

そんな中男は3人での関係を続けるのではなく、Bと2人で会いたいと思うようになっていき、

こそこそするはやめて、皆に分かりやすくようにこう伝えました。

 

俺はBが好きだから付き合おう。」(グループLINE)

 

それを皮切りに、AのグループLINEの連絡頻度が落ちていくのが目に見えました。

 

しかし、Aはある時に3人で遊ぶ提案をしました。

男は3人で遊ぶことを渋ってしまったことをきっかけに、Aから捲し立てられていきました。

 

その内容は、Aが自分の課題を見失い、男とBの課題をごちゃまぜにしたものでした。

 

    • 2人の約束への介入 (2人で遊ぶ=私も行っていい)
    • 本質を捉えていない友達の代弁 (嫌がってるのわからないの?)
    • 保護宣言、ブロック宣言(友達を守る、縁を切る)

IMG_1996

 

これらのAの発言を促進させてしまったものも、男側の既読スルーによるものでした。

まとめ

 

いかがでしょうか

 

本題の説明として紹介事例が適切かどうかはありませんが、

課題の分離の大切さと既読スルーの怖さが分かったのではないでしょうか。

 

まとめとして、既読スルーで不安にならないためには課題を分離すること

そして、2人にとって丁度の良い連絡頻度をすり合わせておくことが、

LINEの既読スルーを含め、お互いを不安にさせない良い方法ではないでしょうか。

 

また、お互いに相手へ自分のスケジュールや行動を共有してあげることで、相手の今を想像させ、

既読スルーになってしまっても相手は理解を示してくれるのではないでしょうか。

 

数日の既読スルーは良くないですが、その日のタイムラグは話し合いで許しあいましょうね。

 

それにしても、既読スルーによるイライラは怖いものですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【PR】当たりすぎて怖い電話占いとは…