~脈ありな人に告白する恋愛WEBマガジン~

menu

好きな人LINE.com

PR

復縁占いで彼の気持ちを丸裸に!おすすめの当たる復縁占い4選

ヴェルニ電話占いの口コミ・評判まとめ!当たる先生は誰?

好きな人とのLINEの始め方は?初めて交換した後のきっかけ

好きな人とのLINEの始め方は?初めて交換した後のきっかけ

スポンサードリンク

今回は、好きな人とのLINEの始め方や初めて交換した後のきっかけについてまとめました。

まだ好きな人とLINE上で友達になれていない場合はこちら。

>>好きな人をLINEで追加する時の言い訳&ベストなタイミング

好きな人とようやくLINE交換までたどり着けた!でも、最初の一通をなんて送ったらいいのかわからない、どういうきっかけで話しかければいいのかわからないそう感じているかと思います。

好きな人とのLINEは最初とても緊張しますし、最初の会話が肝心です。

スポンサードリンク

■好きな人とのLINEの始め方①:1通目はその日のうちに

連絡がまめな人と連絡が遅すぎる人だったら、人は連絡がまめな人が好きです(もちろん例外もあります)。

>>好きな人とLINEを毎日するのは迷惑?相手が嫌がっているサイン

なので、1通目はできるだけその日のうちに送りましょう。

普通に送るなら「今日は楽しかったですね」とか「こんばんわ」とか軽くて挨拶のような会話が良いでしょう。

長続きさせようとか、デートに誘うとか目標は大事ですが、初めてのLINEでデートに誘うのは少し引いてしまうはず。

最初は様子を見ながら軽くて返しやすいLINEを送りましょう。

そして解散が夜だった場合は相手も眠いだろうし、朝に送るなど、返しやすい時間に送ってあげるのもポイント高いですよね。

たまにスタンプを交えると好感度高いようです。

■好きな人とのLINEの始め方②:相手への質問

相手へ質問をすれば返事をしやすいですよね。

・好きな食べ物
・好きな動物
・趣味や休日何をして過ごしているのか
…etc

ここらへんを聞いておくと、デートに誘いやすくなります。

「相手の好きな食べ物の美味しいお店があるんだけどランチを一緒に行かない?」とか「好きそうな映画が上映するから一緒に見に行かない?」とか誘う口実ができやすくなるんですね。

また?マークでのLINEには返信を返しやすいので既読無視される心配もないでしょう。

>>【こいつ無理…】女性がLINEの既読スルーを決めた4つの瞬間

相手の好きな物を知っておくだけで2人きりでの会話も結構楽ですし、趣味が一緒だったりすればもっと、LINEでの会話が弾みます。

何より相手に埋め込みたいのは、「自分とLINEをするのが当たり前になること」普通に毎日話してLINEするのを習慣付けてしまうのが良いんです。

そうすると、くだらない会話ができるような関係になっていきます。

スポンサードリンク

また、初デートの誘いは必ず昼間集合夕方解散個室以外の飲み屋にしましょう。

とにかく相手の警戒心を解くのが大事ですのでこれはポイントです。

>>好きな人をLINEでデートに誘う正しい方法!誘い方のコツは?

■好きな人とのLINEの始め方③:相談

ちょっとした悩みがあるなら、それを相談したいとLINEで送って「会って話したい」につながってカフェで待ち合わせしてもいいですね。

相談は男女共に信頼されていると思うはずです。

自分が信頼すると、相手もその信頼に応えようと信頼をしてきてくれます。

これは人間の本能で、いつも疑心暗鬼のような相手出ない限り、相談をすると一気に距離が縮まります。

「あなたにしか相談できないの」と特別感を出しておけば、LINEでの会話ももっと奥深くなりますし、もし何日か途切れたとしても次に送るのが簡単になりますよ。

■好きな人とのLINEの始め方④:趣味に関すること

趣味に関することは男女共に会話のきっかけになります。

>>好きな人にLINEを久しぶりに送る時の理想的な切り出し方4選

あらかじめ相手の趣味を聞いておけば、それに関することの情報を調べておいて新しい情報が出れば相手へ送るのです。

そこで自分もその趣味にハマれば、お互い趣味が同じになりますのでもっと会話も増えますよね。

そして、デートへの誘いがより一層簡単になります。

「ここで〇〇の展示会があるから一緒に行こうよ」とか「〇〇のライブがあるから一緒に行こうよ」とか、共通の趣味を持つだけで気軽に誘うことができます。

趣味を話題にすれば会話も尽きないですし、相手の気持ちも嫌がることはありません。

むしろ相手は趣味の話ができて楽しいと思います。

そうやって楽しいと思わせることが最初の段階では非常に肝心なので、ここで相手の気持ちをグッと掴んじゃいましょう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【PR】当たりすぎて怖い電話占いとは…