~脈ありな人に告白する恋愛WEBマガジン~

menu

好きな人LINE.com

PR

復縁占いで彼の気持ちを丸裸に!おすすめの当たる復縁占い4選

ヴェルニ電話占いの口コミ・評判まとめ!当たる先生は誰?

LINEで既読スルーする男性心理は脈なし?それとも駆け引き?

33529

スポンサードリンク

気になる男子にLINEしたのに、返事が来ない!

恐る恐るトームルークを確認すると・・・「既読」の文字。

読んだのに返事が何時間も来ないと、とても不安ですよね。

何かあったのか、他の女の子とやり取りしてるのか・・・不安は募るばかり。

LINEで既読スルーする男性心理は脈なしなのでしょうか?それとも駆け引きなのでしょうか?

スポンサードリンク

■LINEで既読スルーする男性の男性心理とは?

LINEで既読スルーする男性は一体どのような心境なのでしょうか。

既読の機能は今までのメッセージにはなかった機能で、登場時は驚くユーザーや使いにくい、といった声もちらほらありましたが

緊急時に安全を確認できるとして、多くのユーザーに受け入れられてきました。

しかしその反面、ゆるいやり取りや大して大切に思っていない相手とのやり取りではこの機能を窮屈に感じる男性も。

概ね、既読がついているのに返事をしない、という状況は相手を不安にさせるため

読んだらすぐに返信、返信できない時は読まない、と基本としている男性が多いですが

・相手のことをあまり気遣わない

・マイペース

・ルーズ

こういった性格の男性は既読無視をすることが多いようです。

■LINEで既読スルー男性心理①:駆け引き

ただただルーズで返事を忘れてしまっていた・・・という場合もありますが、それが恋の駆け引きであることもあります。

あえて返事をしないことで、相手の気を自分に引こう、という作戦です。

これをする男性はLINEは既読をつけるものの返信をしないまま、SNSを更新することがあります。

スマホはいじってるのに、別のSNSを更新する時間もあるのに、なんで私のLINEには返信してくれないの・・・

と女の子をあえて不安にさせるのです。

その結果、女の子は男性からの返信をどんどん心待ちにしてしまい、やっと来た男性側の返信に飛びついてしまい

例えばそこに書かれていることがちょっと無理な要求だとしても、飲みやすくなってしまうのです。

特に毎日LINEを送ってくる男性はこの「引くテクニック」を使うための準備である可能性も。

こちらの記事も参考にどうぞ。

→【男性心理】LINEで毎日くだらない内容を送る理由は?駆け引き?

■LINEで既読スルー男性心理②:悩んでいる

一方で、本当に返信内容に迷っていてなかなか返事を送れない、という場合もあります。

例えばあなたからの「デートしない?」というお誘い。

自分から女の子にぐいぐい行くのはいいけど、女の子から来られるとどうしたらいいか分からない・・・

スポンサードリンク

二の足を踏んでしまっている、など。

もしくは全く逆で、デートのお誘いが嬉しいいあまりあれこれプランを考え過ぎてしまって

内容がまとまらず、まだ返信できない・・・ など。

こういう時は、女子から

おーい」「返事まだかな?」なんていう可愛らしいスタンプを送り、プレッシャーにならない程度に返事を催促してもよいかもしれませんね。

毎日どんな内容を送り合っているかにもよりますが、いつも雑談ばかりの男子は急にデートに誘われて戸惑っている場合も。

こちらの記事を参考にしてみてください。

毎日LINEを送ってくる男友達の男性心理は?暇つぶし?対処法!

 

■LINEで既読スルー男性心理③:LINEが嫌い

普段からなかなか既読がつかず、返事も翌日二日後である場合がある・・・

そんな男子はそもそもLINEが苦手、というパターンも。

時間帯問わず24時間連絡が出来るこの時代、テンポの早いやり取りをするLINEに苦手意識を持つ男子は結構います。

友達といない時はなるべく自分一人の時間を確保したい・・・そういう男子は、とりあえず内容は確認しても

自分が返信したくなる時まで返事をしない、とマイペースを貫くのです。

普段からレスポンスが早くない男子は心配しなくて大丈夫。

その分、一緒に会っている時間共有している時間を二人で楽しみましょう。

 

いかがでしたか。

不安になってしまうLINE既読無視ですが、おおざっぱな男子は大した理由もなく返事をしてないだけ、ということもよくあるようです。

音楽を聞いたり、ドラマを見たりして気を紛らわせつつ、気長に返事を待ちましょう。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【PR】当たりすぎて怖い電話占いとは…